ヤナ・ボウシュコヴァー(ハープ)
招聘時期2017年5月末~6月初旬
公式ホームページ
レパートリー
プロフィール

ヤナ・ボウシュコヴァーは今日、世界で最も優れたハーピストの一人である。アメリカの高名なハープ奏者スーザン・マクドナルド女史は、彼女のことを「世紀の才能」と評した。海外の論評でも総じて、彼女の息をのむほどに洗練された完璧な演奏技術、力強さと繊細さを併せ持つ表現力を称えている。  プラハ音楽院を卒業後、オストラヴァ大学のリブシェ・ヴァハロヴァ教授のクラスで指導を受け、その後アメリカのインディアナ大学にてスーザン・マクドナルド女史のもと学んだ。彼女は、世界で最も権威のある数々のコンクールで賞を受けたチェコ唯一のハープ奏者であり、1992年USA国際ハープ・コンクール優勝。同年イスラエル国際ハープ・コンクール第2位。他にも数多くの受賞歴があり、例を挙げれば89年パリ国際室内楽コンクール優勝、99年トルネオ国際コンクール優勝などである。また99年には、非常にすぐれたコンサートの功績やハープ演奏の発展への貢献を称えられ、スイスにてハーパ賞を授与。チェコにおいて彼女は1996年度のタレント・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。2004年にはチェコ共和国の最も優れた女性10人の一人として、クラシック音楽家としては史上初となる女性プロフェッショナル賞を受賞。授賞式はプラハ城にて、当時のヴァーツラフ・クラウス大統領臨席の下行われた。  世界各地の主要なホールや音楽祭に定期的に出演しており、一例を挙げただけでも、リンカーン・センターのアリス・タリー・ホールや、パリのシャトレ座、ウィーン楽友協会でのソロ・リサイタルや、ユーリ・バシュメット生誕50年を祝うモスクワでのガラ・コンサート、またプラハの春音楽祭、ベルリン・フェストターゲ音楽祭、ドイツのシュパヌンゲン音楽祭、オンタリオのパリーサウンド音楽祭、カンブレーのユヴェントス音楽祭、エルバ島音楽祭等がある。  オーケストラのソリストとしては、カーネギー・ホールやベルリン・フィルハーモニー、ケルン・フィルハーモニー、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、アムステルダム・コンセルトヘボウ、サントリーホール、プラハ・ルドルフィヌムといった世界有数のコンサートホールで、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ・フィルハーモニー管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、MDR交響楽団、シカゴ・シンフォ二エッタ、アムステルダム・シンフォニエッタ、東京室内管弦楽団等と共演。  室内楽にも熱心に取り組んでおり、マキシム・ヴェンゲーロフやユーリ・バシュメット、クリスティアン・テツラフ、パトリック・ガロワ、エマニュエル・パユ、マチュー・デュフォー、ラデク・バボラーク、マリー=ピエール・ラングラメ、イジー・バールタ、シャロン・カム、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ等と共演している。ロストロポーヴィチは、ラジオで流れていたヤナ・ボウシュコヴァーの演奏を聴いて即座に彼女との交渉を求め、エヴィアン国際音楽祭でのラヴィ・シャンカル作チェロとハープのためのソナタの初演の共演者に彼女を選んだ。 演奏活動に加えて、教育にも熱心であり、ブリュッセル王立音楽院やプラハ芸術アカデミーにて講師を務め、インディアナ大学やジュネーヴ州立高等音楽院でも教鞭を執っている。2005年よりチェコ・フィルハーモニー管弦楽団のソロ・ハーピストに就任。USA、フランス、イスラエル等での国際ハープ・コンクールの審査員を含め、国際ハープ会議やシンポジウムにも定期的に招かれ、世界各地でマスタークラスを行う。1999年プラハで開催された第7回国際ハープ会議では芸術監督を務めた。2000年よりプラハ芸術アカデミー及びチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の芸術委員会の一員である。 国内外のレーベルから20枚を超えるCDをリリースしており、ラジオやテレビ局向けにも多数の録音を行っている。2004年にはEMIよりシュパヌンゲン音楽祭でのコンサート録音をリリース。  彼女の広範囲にわたるレパートリーはあらゆる時代の作品を網羅しており、多くの現代作曲家が彼らの新しい作品を彼女に提供してきた。ワールドプレミアでの演奏作品は、ラヴィ・シャンカル作チェロとハープのためのソナタ(ロストロポーヴィチと共演)、ベンヤミン・ユスポフ作フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、ハープそしてオーケストラのための協奏曲(ヴェンゲーロフ等と共演)、ヤン・フィシェル作2台のハープのための協奏曲(イザベル・モレッティと共演)、クリシュトフ・マジャトゥカ作ハープ協奏曲「プラハルフォナ」、ルカシュ・ソマー作ハープ協奏曲、エミル・ヴィクリツキーによるフルートとハープのためのジャズ協奏曲等がある。  楽器はライオン&ヒーリー社のハープを愛用している。92年USA国際ハープ・コンクール優勝時に使用していたのも同社のハープであり、彼女はライオン&ヒーリー社の顔として公に認められている。

主催コンサート動画